鈴木農園では「うまくて、でっかいの」を届けたい!そんな思いで桃、りんご、ぶどうを育てています。

贈答用・ご自宅用の果物の産地直送を行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは「お問い合わせフォーム」やお電話にてお願いいたします。

ただしお電話は農作業中は対応できませんのでご了承ください。

 

 

【鈴木農園の歴史】

戦後間もない1950年ごろ、初代がそれまでの米や野菜作りから果樹園への転向を決意。桃の栽培を始める。

先代園主の鈴木進は学生時代から栽培を手伝い始め、1969年に就農。

お客様に新鮮な果物をお届けしたいとの思いから、産地直送にいち早く取り組む。

現園主の鈴木満は、エンジニアだったが、自分がやらなくてはせっかくの美味しい果物が途絶えてしまう!という危機感から2016年に就農。先代の技術・知恵・経験を吸収すべく日々奮闘中。

 

【持続可能な農業への取り組み】  

1.土づくりへのこだわり

土壌分析を行い、有機肥料と化学肥料を組み合わせることで環境負荷の少ない施肥を行います。

 

2.環境への配慮

その年その年の天候や果樹の状態に合わせて、農薬の使用量が最小限になるよう工夫しています。

総合的病害虫・雑草管理(IPM)を行い、環境負荷を低減しています。

もも、りんごについては性フェロモンを利用したコンフューザーを取り付けることで農薬の散布回数を減らしています。  

 

3.安心・安全への取り組み

残留農薬検査や放射性物質検査を行っています。  

 

4.地球温暖化対策

事務所に太陽光パネルを設置している他、農場での電源にも小型太陽光パネルを利用しています。

 

5.JGAP認証

2017年より「もも」「ぶどう」「りんご」についてJGAP認証を取得しています。※JGAP認証は持続可能な農業経営に取り組む農場に与えられる認証です。