保存のしかた
①まだ硬い場合直射日光の当たらない暖かいところにおいて置くと、やわらかくなります。防腐剤は散布されていませんので、腐敗には注意してください。品種によっては、やわらかくならないものもあります。
②食べごろの場合新聞紙など、湿度を調整してくれるものに包み、涼しいところにおいてください。ただし、エアコンの効いている乾燥した場所は、水分が奪われてしなびていくので避けてください。
③冷蔵庫での保存写真のように、1個1個をラップに包み、冷蔵庫で保存してください。やわらかくもならず、腐敗もせずに、ほぼそのままの状態で1週間以上は保存できます。ただし、ラップの巻き方が適当だと、しなびてしまいます。

桃の掴み方
桃は非常に傷みやすいものです。押されて凹んだ部分は時間がたつと黒くなり、味も落ちてしまいます。ですので、つかみ方にも注意をしましょう。指先だけで掴むのは、力が入りやすいのでNGです。手のひらを密着させて、手のひら全体で包み込むようにやさしく扱いましょう。
よい例悪い例
フルーツキャップの包み方手順も載せておきます。